保育理念

 

すべての子どもたちが持っている可能性を尊重し、集団生活の中で個性と協調性の両立を目指します。

  1. 子どもたちの可能性を引き出し、自ら伸びようとする力を育てる。
  2. 子どもたちの一人ひとりの気持ちに寄り添った保育をいたします。
  3. 保育士としての資質向上に努め、よりよい保育サービスを提供する。
  4. 保育園での生活から人とのコミュニケーションを取り、ともだちや保育士との信頼関係を築ける環境作りを心掛けます。
    な社会的役割を果たしていく


保育方針

  1. お互いを尊重し、自己発揮できるよう保育。
  2. 一人ひとりの発達過程は心身の状態に応じたきめ細やかな保育。
  3. 安全、安心、清潔を怠らない。


保育目標

 

伸びやかな環境で心身ともに健やかな保育を目指します。

【協調性】誰とでも仲良くなれ、一緒に遊べる子に。
【自立心】自分で考える力をつけ、自己主張ができる子どもに。
【感謝の心】「ありがとう」「ごめんね」が素直に入れる子どもに。
【自主意欲】「自分でやる」という意欲を保育士が促し、喜びや達成感などの成功体験を知ってもらう。
【健康】伸びやかな環境で心身ともに健やかに成長を促す。
【食事】食べることの重要性を幼少時から育む。